暮らしの中のハッピーなモノ&コトを勝手にお裾分け♪


by lotusnow927
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カステラ ド パウロ@京都北野天満宮のパォンデロー ★ 旬のモンドール

去年の春、京都北野天満宮近くにオープンしたポルトガル菓子店カステラ ド パウロ、その時の密着取材をテレビで見て、これは是非とも行ってみたい!食べてみたい!!と思ってたんですね。。

オーナーシェフのパウロ・ドゥアルテさんは、日本でポルトガル発祥と伝えられるカステラと出会い、長崎カステラの老舗松翁軒で修行した後に故郷リスボンに菓子店を構え、地元の人や観光客に愛されるお店に成長させました。
そして今度はポルトガルの伝統菓子を日本人に伝えたくて、ポルトガル菓子研究家である妻の智子さんの出身地京都で、新たにお店を開くことになったそうな035.gif

で、前置きが長くなりましたが・・・
このブログで時々登場する京女Tちゃんが、サプライズでプレゼントしてくれました~024.gif
息子さんの合格祈願で北野天満宮を訪れた時に寄ってくれたとのこと、感激っス(;▽;)

★『ミーニョ地方のパォンデロー』と『ボーロ デ フルータ(フルーツケーキ)』
a0298406_12470492.jpeg


パォンデローはクリーミーなチーズと合うそうなので、今が旬のモン・ドールを奮発して買っちゃった037.gif
a0298406_12474501.jpeg


ひゃっほー♪ 宴の始まりだーい( ^^)/▽▽\(^^ )  
ワインはボジョレーね、モン・ドールに合うらしいです。ヌーヴォーじゃないよ、2011年の。。 ヌーヴォーは薄いからね、あまり好きじゃないんだな(^┰^;)ゞ
a0298406_12485101.jpeg


日本のカステラのルーツといわれるパォンデローは、卵、砂糖、小麦粉のみで作られていて、ポルトガル全域で食されています。地方によって焼き方が異なり、今回いただいたミーニョ地方のようにしっかり焼き上げたものから、中がとろとろの半熟状態のものまで様々。。035.gif

添えられていた写真↓を見ると、豪快に手でちぎって食べるのがおすすめなのかな?
a0298406_1312917.jpg


黄金色に輝いて、ふわふわなのにむっちり~(^ ^)
卵の風味たっぷりでカステラのような味わいなんだけど、もっとシンプルなのでシフォンケーキのようであり、贅沢なスポンジケーキのようでもあります。しみじみ美味しい012.gif
a0298406_12492511.jpeg


上品な甘さのパォンデローに、とろとろミルキーモン・ドール。そしてボジョレーで喉を潤す。。 ここは千葉じゃなくてよ、ヨーロッパのカフェにトリップしてしまいましたわ010.gif
a0298406_12504351.jpeg


翌朝も、コーヒーとともに美味しくいただきました063.gif ダーはコーヒーと合わせる方が好きみたい。
a0298406_12512096.jpeg


アソーレス諸島の伝統菓子『ボーロ デ フルータ(フルーツケーキ)』もいただきました。
こちらは消費期限45日間なので、勿体なくてまだ開けてません(笑) 食べたらまたレポします001.gif
a0298406_12514555.jpeg

そうそう、カステラ ド パウロでは、来店した場合のみ地方発送をしてくれるみたい。
Tちゃんが京都にいてくれて本当に良かったよ( ;∀;) いつも珍しい逸品をありがとう053.gif
 
by lotusnow927 | 2016-01-23 23:56 | いただきもの