暮らしの中のハッピーなモノ&コトを勝手にお裾分け♪


by lotusnow927
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
まずは、中国茶仲間のTねーさんからいただいた四国土産の中から。。
ばいこう堂の和三盆100%の干菓子、和三宝めぐり【香川】056.gif
a0298406_11342720.jpeg

「和三盆」は、上品な甘さと口溶けの良さか特徴の、主に香川県や徳島県などの四国東部で伝統的に生産されている高級なお砂糖です。

様々な形や色をした和三盆糖、「香川といえば・・」なものが散りばめられています035.gif
a0298406_11344938.jpeg


それぞれのモチーフを日本語と英語で解説したしおりが入っていて、国内だけでなくグローバルな香川みやげとしても抜かりありません(^ ^)
フムフム・・お遍路さんって、英語でpilgrimっていうんだ~。 勉強になりました(=・ω・)ノ
a0298406_12513142.jpeg


ギザカワユス~053.gif 一粒お口にポイッ♪ 舌の上でスーッと溶けていく。。
緑茶だけでなく、コーヒー、紅茶、中国茶、何にでも合うと思いますo(^o^)o
a0298406_11351217.jpeg

『ばいこう堂』の和三盆100%干菓子シリーズ、他にも動物や花、季節、昔ばなしetc.色々あるみたい。 目にも口にも美味しいので、私も誰かにプレゼントしたいな~001.gif



次もTねーさんからいただいた四国土産から。。 徳島の名産阿波晩茶056.gif
徳島県でも上勝町と相生町というごく限られた地域でしか生産されない貴重な後発酵茶。
後発酵茶でパッと思いつくのはプーアル茶だけど、見た目も味も全然違うんだよ(´・ω・)
植物性乳酸菌発酵によるさわやかな酸味があり、そしてほんのり甘い。。渋みがないの。
a0298406_13393254.jpeg

まろやかで優しいお茶なので、お茶のレパートリーとして家に置いときたいなと思うけれど、腸内環境を整える、血糖値抑制効果があるとかで、テレビに取り上げられてからずっと売り切れ続出みたいね。 ブームおそろし(+o+)



それから、一月に京女Tちゃんにいただいたポルトガル菓子。 この記事と合わせて読んでね。
カステラ ド パウロボーロ デ フルータ(フルーツケーキ)056.gif
賞味期限45日間と長かったので、先日開封していただきました( ゚v^ )
a0298406_12514555.jpeg


ポルトガルにあるアソーレス諸島特産のキビ蜜をふんだんに使ったバターケーキで、ラム酒とポートワイン漬けレーズンがたっぷり入っています(^ω^)
a0298406_13232400.jpeg


バターとキビ蜜の風味が香り、お酒に漬けたレーズンが馴染んでしっとり。。
美味しーっ016.gif053.gif 正直パォンデローより好きだ~(^┰^)
a0298406_13235599.jpeg

来月からネット販売が開始されるようだし、まじで注文しようかな045.gif

Tねーさん、Tちゃん、ごちそうさまでした056.gif040.gif056.gif
[PR]
# by lotusnow927 | 2016-03-12 17:24 | いただきもの | Comments(2)
熱海の旅行記、完結編です。もう少しお付き合い下さいませ~(^ ^)

職場の同僚Aちゃんおすすめのわんたんやへ向かいました。
超人気店とは聞いてたけど、一時半だしさすがに入れるよね~・・・というのは甘かった。
せっかくだしと列に加わるも、炎天下だし一向に進まなくてイライラ015.gif
a0298406_13355020.jpeg

で、諦めて他のお店を探したけれど、どこもランチタイムが終わっていて難民状態・・・
仕方なく戻って並び直したのが二時半過ぎ、待つこと約一時間059.gif

まず、瓶ビール(750円)で乾いた喉を潤しました068.gif 
お通しのネギチャーシューとぬか漬け、めっちゃ美味しーっ(≧∇≦*)
a0298406_13360698.jpeg


島バナナサイズの大きくてずっしりした餃子(600円)は、外はパリッ、噛むとむっちりとしていて肉汁が溢れ出します016.gif ビールがすすむ、すすむ君♪
a0298406_13364575.jpeg


ヤバイ、そろそろお腹が満たされてきた・・・ところへのー、

ワンタンメン(800円)、どーん!!! 
写真では見えないけれど、麺の下に大きめのワンタンがいっぱい入ってます。
昔ながらの優しい醤油スープにチュルチュルなめらかなワンタン、真っ当なお手本のようなワンタンメンです012.gif
a0298406_13363012.jpeg

量がたっぷりなので、食べても食べても減らない(^^; そして麺がのびてゆくー・・・
残念ながら1/4ほど残して完食ならず、ゴメンナサイ。。 味は美味しかったです045.gif
個人的には、チャーシューとぬか漬け、餃子をつまみながらビールを飲みたいお店でした。
でも『わんたんや』に行ってワンタンを注文しないのはやっぱり失礼? その前にどんなに美味しくても、やっぱり外に一時間並ぶのは私にはムリだ~(><)



おなかも満たされたし、熱海みやげを買いに行きましょう035.gif
色々な方のブログでチェックしていた三木製菓へ。 『わんたんや』のわりと近くでした。
a0298406_19595942.jpeg


お菓子も美味しそうだけど、お店の昭和レトロなキャラクターにビビビと来てしまった053.gif
ミキ製菓→ミッキーマウスからの~、ぱちミッキーと思いきや、創業者・三木貞治さんの奥様の干支がネズミで、子供が5人だったことから、この絵が誕生したそうです。
※写真は三木製菓HPから拝借しました。
a0298406_13370887.gif


看板商品の「ネコの舌」(130g入り 594円)をいくつか買いました。 その名の通りラング・ド・シャですが、バターが効いてて美味しかったです(^ ^)
可愛い、美味しい、軽いから、女子向け土産にいいかも056.gif 難は薄いから割れやすい・・・
※写真は三木製菓HPから拝借しました。
a0298406_19593691.jpeg



海岸沿いを散歩しながら、熱海駅の方に戻ります。
ドイツ製法による手作りハム・ソーセージ専門店Imbiss熱海に寄りました。
南箱根にある工房で作られたハムやソーセージをドイツビールやワインを飲みながら店内でもいただけますが、今回はお土産で。。 自家製のプレッツェルもキニナル(≧∇≦)
a0298406_13374336.jpeg


左の「ドイツウインナー」はボイル、右の「伊豆猪ソーセージ」は焼いていただきました。 
野生の猪肉100%使用のソーセージは、多少ジビエ独特のクセはあるけれど、タンニンの効いた赤ワインに合う合う~010.gif 
猪が不猟の時は、鹿ソーセージに代わるそう。 そっちもキニナル。。
a0298406_13382420.jpeg


最後に、アーケード街にある熱海駅前 あをきのひもので干物を買いました。
私にとっては、熱海=あをきの干物。。
子供の時は熱海の近くに小さな別荘があって、私が思春期の頃に父の他界により売却するまで、熱海にはよく行ってました。で、行くと必ず『あをきのひもの』に寄って、親があじの干物を買ってたんです。
モダンな店舗になり当時の面影はないけれど、脂が乗って身がふっくらしていて塩加減も絶妙で昔と変わらぬ美味しさ。。 やっぱり熱海土産はあをきの干物がイチオシです072.gif
※写真は仲見世商店街HPから拝借しました。
a0298406_20102032.jpeg


「熱海の旅 2015.6.26~27」は、これにておしまい035.gif
ところで、リンクさせていただいているブロガーさん達も、ほぼ同時期に熱海や『界 熱海』を訪れて記事にされていました。
くらりんさんがランチをした『KICHI+』がとってもとってもキニナル045.gif
picoriさんが『ヴィラ・デル・ソル』の朝食を多分同じ席で召し上がっていたことに嬉しくなり、Changdaiさんの『界 熱海』本館の夕食によだれが止まらにゃい(@ ̄ρ ̄@)
これはまた熱海に行かねば、ですな。。 今、熱海が熱い!?
[PR]
# by lotusnow927 | 2016-03-09 11:08 | 旅行 | Comments(4)
二日目の朝です058.gif ヤッタ、晴れた~っ(*≧∀≦*)
a0298406_09322948.jpeg


海に浮かぶ初島。。 ベッドでウトウトしながら、この絶景を眺めるシアワセな朝012.gif
a0298406_09332129.jpeg


温泉は朝6時からで、午前の女湯は「古々比の瀧(こごいのゆ)」です。
前日の「走り湯」より、さらに階段を上ります。
a0298406_09343185.jpeg


まだまだ上るよ、どんどん上るよ070.gif070.gif070.gif
a0298406_09352100.jpeg


本館に入ると、『蓬莱』時代から宿を見守り続ける樹齢300年の楠が迎えてくれました005.gif 
そして・・・やっと着いたと思いきや、この先にまだ階段があったのですた(* ̄□ ̄*;
a0298406_09370116.jpeg


今をときめく建築家、隈研吾さんが手がけたスタイリッシュモダンな半露天風呂035.gif
崖の中段の細長い敷地の上に造られたので、湯舟も横長です。
他に誰かいても視界が遮られないので、圧迫感がありません。のんびり楽しめました(^ ^)
※写真はJTB かんたん旅館・ホテル検索から拝借しました。
a0298406_23142026.jpg


別館に戻る途中、お気に入りの「青海テラス」で涼みます。 
猫の位置が移動している!さては・・・ 右端の席にベチャっとやっちゃってました(; ̄д ̄)
a0298406_09374124.jpeg


「何よ、なんか文句ある!?」って顔だわー013.gif ここ、猫嫌いな人にはキツイかもね。。
a0298406_09390819.jpeg


朝食は、ディナーと同じく「南葵文庫」でいただけます。
相模湾を眺めながら、ラグジュアリーな朝食タイムのはじまりはじまり~060.gif
a0298406_09393813.jpeg


『カプチーノ仕立てのクラムチャウダー』が絶品053.gif
クラムチャウダーと言えば小麦粉を使ったとろみのあるタイプが多いけど、こちらのはあさりの旨みは濃ゆいんだけどさらさらしてる。。 
その濃厚なスープをブレンダ―にかけてカプチーノ仕立てにしてるんですね~(・∀・)
a0298406_09402184.jpeg



チェックアウト後は、熱海駅までタクシーで行きました。前日の下り坂でもしんどかったからね(^^;)
コインロッカーに荷物を預けたら、熱海散策に出かけましょう070.gif056.gif070.gif



JR熱海駅からのんびり歩いて20分強、熱海 來宮神社に到着しました001.gif
a0298406_13393322.jpeg


来福・縁起の神として古くから信仰されているそうです。 なんとなくわかる気がする。。
境内にいるうちに、ほんわりふんわりした優しい気持ちになってきます(((^-^)))
a0298406_13403485.jpeg


本殿を見上げると、ハートが053.gif
a0298406_13410151.jpeg


鳳輦神輿が納められている斎館の前、ふと足もとを見るとハートがいっぱい053.gif053.gif053.gif
a0298406_13413187.jpeg


樹齢2000年超の御神木「大楠」。
幹を一周廻ると寿命が一年延命する、心に願いを秘めながら一周すると願い事が叶うと言われています072.gif 
a0298406_13423357.jpeg


大楠のそばを流れる糸川。 
ベンチに座って大楠を見上げながら川のせせらぎを聞いていると、癒されるしパワーチャージしていただけました043.gif
a0298406_13433618.jpeg


お酒ネタでお馴染み、同僚Aちゃんおすすめの酒難除守を授かりましょう。
ダーは青、私は赤、ちゃんと毎日持ち歩いてますよ~(^ω^)
※写真は來宮神社HPから拝借しました。
a0298406_10104436.jpg


境内にあるカフェ『茶寮 報鼓(ほうこ)』でひと休み。。
コーヒーは、なんと堀口さんの豆を使ってます063.gif 食べなかったけど、「大楠ロール」や「麦こがしガトーショコラ」などの来福スウィーツも美味しそう♪
※写真は静岡ナビっち!から拝借しました。
a0298406_1062294.jpg


うまく伝えられないけど、参拝して良かったな、また訪れたいな~、と感じる神社でした012.gif
a0298406_13435955.jpeg

そして。。
参拝してから約半年後の2016.2.6に入籍しました024.gif
付き合って10年、一緒に住んで7年近く、バツイチ同士だしなんとなく事実婚状態を続けていましたが、晴れて人生のけじめをつけることができました。
ご利益を授かったのかな~、と素直に思います(*^_^*)

そろそろおなかがすいてきたし、お土産も買いたい。 ④に続きます。
[PR]
# by lotusnow927 | 2016-03-04 11:56 | 旅行 | Comments(2)
『界 熱海』は、伊豆山の崖にへばりつくように建てられていて、相模湾を一望できる高台にあるのが本館、麓の海沿いにあるのが別館『ヴィラ・デル・ソル』です。
そして温泉は伊豆山温泉の源泉かけ流しで、「走り湯」と「古々比の瀧」の二つあります。
どちらも本館と別館の中腹にあるので、足腰の悪い人やお年寄りには大変かもしれません034.gif
それでも本館から湯殿までは屋根付きの階段なんですが、別館からは屋根がない石段なので、雨の日は傘が必要だし滑りやすいです057.gif
ちなみに客室には浴衣の他に作務衣が用意されていて、動きやすくて快適でした(^ ^)
↓別館の裏側。。 まだまだ登るよ~!
a0298406_23030500.jpeg


日替わりで男女入れ替え制になっていて、一日目は「走り湯」でした001.gif
先客は女の古4人組、湯船の四隅で熟女子トーク。。 真ん中に浸かっていたら話しかけられて、いつの間にか女の古5人組の出来上がり~(笑)
※写真はexcite ism(エキサイトイズム)から拝借しました。
a0298406_16464810.jpg

この時はいい方たちとご一緒できたから良かったけど、風呂場に5人いたらけっこう圧迫感があるかも・・・言わずもがな、脱衣場も狭いです(+o+)
えっちらおっちら階段を上り下りして温泉に辿り着いたはいいけれど、混んでたらがっかりしちゃいますよね~025.gif


湯上がり処「青海テラス」でひと休み。。 開放感がある贅沢な造りでのんびりできます。
ここ、すごーくいい049.gif
a0298406_23033112.jpeg


テラス脇の冷蔵庫には、フリードリンクが用意されています。
小岩井野菜ジュース、カナダドライジンジャーエール、アサヒスーパードライ、ポカリスエットがありました。寒い時期には、温かい飲み物やみかんなんかもあるみたい035.gif
a0298406_23065243.jpeg


置き物のように鎮座する名物猫の傍らで、ビールをちびちび飲みながらまったり。。
雨が降っていたので、眺めがイマイチなのが残念ですた~(><)
a0298406_23122065.jpeg



さてさて、お待ちかねのディナータイムです。登録有形文化財の洋館でいただくフレンチ、大倉陶園の特注の飾り皿、クリストフルのカトラリー・・・ セレブ感たっぷり、期待MAX012.gif
a0298406_23110212.jpeg


泡で乾杯したあとは、魚介フレンチに合わせてエリック・ルイ  プイィ・フュメ [2013]069.gif
a0298406_23444169.jpeg


『磯魚のジュレ カリフラワーのピューレと雲丹、海ぶどうと共に』
今思えば、この日いただいた中で、一番か二番に気に入ったお料理でした。
「イソウオ」という、特定の魚ではない海のそばならではの食材にも惹かれたし、濃厚で甘くてクリーミー、今まで味わったことのない新鮮な美味しさに早くもメロメロ~016.gif 
そしてパンとバターもとっても美味しい♪ ワイン1本で足りるかしら~(´∀`*)
a0298406_23432637.jpeg


・・・と、盛り上がったのはここまで(。-_-。)

『毛ガニのリゾットと白桃のグリル』
夏のフレンチコースでよく出てくる「桃」、ありがちなスープじゃなかったからまだいいんだけどー。 蟹やオマール海老など、濃ゆい甲殻類と合わせるのも私でも想像できちゃう。。
あらやだ、食べログの何様コメントみたいになっちゃってる(^^;
美味しかったんです、ほんと。 ただ、こちらならでは感がなかったというか、期待しすぎちゃったんですね・・・
a0298406_23434672.jpeg



撮ってないけど、大きなお皿に、立派だけどホワイトアスパラガスが1本でろ~ん、with岩塩&マスタード、よく言えば素材が良ければ"Simple" is "best"!的なお料理もあったわ。。 これがペンションとかで出されたら、きっと感動したと思うの039.gif



それから、看板メニューのサザエと、
a0298406_23440587.jpeg


大蛤のグリル。。 蒸し焼きですもの、ふっくらジューシーでとても美味しいわ、磯料理民宿で出されたら感動したと思うの039.gif
a0298406_23442325.jpeg

サザエはエスカルゴ風になっていましたが、蛤は海水の塩分だけ・・・
またまた素材が良ければ"Simple" is "best"!なのでございます(。-_-。)
他の方のブログや写真を拝見すると、サザエがなくて蛤が2つの時もあるみたい。この日は、ひと手間加えられたサザエもいただけて良かったよ(^┰^;)



『甘鯛の鱗焼きと夏の温野菜』
こちらは文句なしに絶品でした016.gif 『磯魚のジュレ・・』と甲乙つけがたいです。
見た目も華やかだし、鱗が香ばしくサクサク食感が楽しい♪ 身はふわふわ~、ブールブランソースが合うーっ(≧∇≦*)
温野菜の火の通り具合も絶妙で、甘くて美味しかったです!
a0298406_23450595.jpeg



写真ないけど、デザートは『黒トリュフ入り クレームブリュレ』でした。
間違いないよね。。でも、ある程度のコースだったらこのくらいは出すよねー、的な(^┰^)

最後にコーヒーとプチフール。 ごちそうさまでした010.gif
a0298406_23452478.jpeg


【グチ】
撮らなかったけど、他にも何かいただいたような気がします。印象に残ってない・・・
人それぞれですが、私はフレンチに"Simple" is "best"!の調理法を前出しするのは、ちょっと疑問に感じます。コースの中の一品だけ、とかならわかるけど。。 シェフなら素材を吟味することは当然だし、客側も信頼してると思う。もっと品数少なくていいから、手の込んだ料理やシェフならではのソースで楽しませてほしかったな~(。-_-。)


由緒ある洋館「南葵文庫」でお食事できたことは、とてもいい経験になりました043.gif



夜のサロンの雰囲気もステキ~(≧∇≦)
a0298406_23461850.jpeg

でもね・・・
すぐ隣りにサンルームがあって喫煙もできるのですが、チェックイン時のダーの吸い殻とコーヒーカップがそのままになってますた015.gif
この他にもちらほら行き届かない点があり、「星野ホスピタリティ」に少々疑問を感じたことは否めません。
一人一人のスタッフさんはとてもよくやってると思うんだけど、「お・も・て・な・し」ポイントが多いわりに、人が足りてない気がしました。
『ヴィラ・デル・ソル』は、接客に関わること全般、フロント業務やホール、共用スペースの管理などを全て3名でまわしていましたが、正直無理があると思います(-.-;)



本館で毎晩催される、熱海芸妓さんの手ほどきによるお座敷遊び体験に参加しました。
梅酒をいただきながら舞を鑑賞したり、扇を投げて台に乗った的を落とす「和製ダーツ」のようなお座敷遊び『投扇興』を体験したり、なにげに皆で盛り上がって楽しかったです024.gif
※別館⇔本館は、タクシーで送迎してくれます。
a0298406_23474420.jpeg

一日目はこれにておしまい。 ③に続くよー。



昨日から、日本赤十字社で『2016年台湾地震救援金』の受付が始まりました。
台湾LOVERの皆様、私が言うのも差し出がましいのですが、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
# by lotusnow927 | 2016-02-09 12:02 | 旅行 | Comments(2)
今年もLotuSnowブログはマイペースでいきますよー。
・・・ってなわけで、去年6月の熱海旅行のお話でございます001.gif
※私的な旅の記録なので、きれいごとじゃなくホンネを書きます。時々何様ジャッジもするしグチります(笑)

熱海駅って、20年以上降りてなかったかもしれない。東京駅から「こだま」で1時間かからないのにねぇ。。
この時も“熱海”に行きたかったというより、憧れの星野リゾートに宿泊することがお目当てだったのです035.gif

のんびりお昼前くらいに家を出て、熱海で遅めの昼食をとってからチェックインすることにしました。せっかく熱海に来たんだもん、新鮮な海の幸を食べましょう011.gif

ダーがググって見つけた食事処まるにへ。駅前の昭和レトロなビルの地下にあります。
a0298406_09265986.jpeg

店内はほぼ満席、かろうじて空いていたテーブル席に相席させてもらいました。
お客さんは地元の方が殆ど、あとは我らのような食いしん坊な旅人がちらほら。。

おなかがすいていたので、周りの方たちが食べていたボリューミーなフライものにも惹かれましたが、ここはやっぱり刺身定食(750円)でしょ~001.gif
こちらで調理される魚は、その日の朝に伊東川奈港にて自営の定置網漁で獲れたものなんだそうです。鮮度抜群!そりゃ、美味しくないわけがないですよね(´∀`*)
唯一気になったのがお箸・・・なぜかステンレス製の韓国箸でした。和定食に韓国箸は食べづらかったです(^^;
a0298406_09272246.jpeg


では、今宵の宿星野リゾート 界 熱海 別館 ヴィラ・デル・ソルに参りましょう035.gif

この日は雨が降っていたけどちょうど上がったので、お散歩がてら歩いて向かうことにしました。タクシーで5分となってるから、歩くと30分くらいかな、なーんて甘く考えてました。
道中なんにもないし、ちょっと迷っちゃったし、また雨降ってくるしで、素直にタクシーで行けばよかったよ(T_T;)
a0298406_09281507.jpeg


こちらは、明治32年に紀州徳川頼倫侯爵が建てた「南葵文庫」の旧館を移築した歴史的建築物で、現在は「星野リゾート 界 熱海」の別館、オーベルジュになっています。
門扉は同じく頼倫が建てた「南葵楽堂」のもので、「南葵文庫」とともに移築されたとか・・・
【グチ】
でも塗装が劣化し、かなり錆びています。わざと修復しないんだろうか? いわゆる“アンティーク”で素敵ね~、とはちょっと違うと考える私が不粋なのか。。

a0298406_09284982.jpeg


VILLA DEL SOL 太陽の館は、2008年に国の登録有形文化財に指定されました。
ステキ!ステキ!洋館ヲタにはたまらーん(≧∇≦)053.gif 
門を入るとすぐ中からスタッフの方が出てきて迎えてくれました。 熱海駅から歩いてきたことに驚かれてしまったわ(^^; こちらに宿泊するような方々は、お車かタクシーが常識よねー(笑)
a0298406_09295359.jpeg


館内に入ると二階に続く廊下があります。アーチ型の天井が美しいですね(^ ^)
a0298406_09341259.jpeg


右側のサロンに通され、チェックインの手続きをします。もともとは閲覧室だったそうです。
a0298406_09312214.jpeg


ウェルカムドリンクのハーブティーでほっと一息。。お茶菓子は自家製ゼリーでした。
色々な方のブログを拝見すると、スパークリングワインとちょっとした気の利いたおつまみが出されているんですけど~(-"-) そうかと思えば、私達の日と同じようにハーブティー&一口ゼリーだったり、柚子茶の写真を載せている方もいらっしゃる。それはそれで季節感があって粋だとは思うけど、正直スパークリングワインを期待してたのでちと残念・・・ちなみにプランによって変えてるわけではないっぽい(。-_-。)
a0298406_09321008.jpeg


サロンの、廊下をはさんだ前の小さな部屋。昔は応接室、今はレセプションとして使われているようです。
隅に客室で聞くためのCDが置いてありました。選んでいたら、さっとスタッフさんが現れ、「お手元が暗いので・・」と懐中電灯で照らしてくれました。さすが星野リゾート、心配りが素晴らしい001.gif
a0298406_09360888.jpeg


お隣の部屋にはネスプレッソマシンが置いてあり、好きな時に好きな場所でコーヒーをいただけます。ハーブティーも4種類ありました。このサービスは嬉しかったナ063.gif043.gif
a0298406_09381404.jpeg


オーベルジュになる時に増築された客室棟は、シンプルでモダンな造り。
客室はツイン×4、セミスイート×2、スイート×1の7室で、全てオーシャンビュー035.gif
本当はツインだったけど、ホテル側のご厚意でセミスイートにアップグレードしていただいちゃいました(=^0^=)053.gif
a0298406_09392847.jpeg


広~い005.gif リビングと寝室の二部屋から成っています。 
窓が大きく解放感があって、天気が良ければ絶景のハズ・・日の出も見られるそうです。
a0298406_09401868.jpeg


シンプルで清潔感がある寝室。ベッドもリネンも気持ちよくて、ぐっすり眠れました(^ ^)
a0298406_09412537.jpeg


寝室の脇の広縁スペース(←思いつかなくて検索しちゃいましたよ、皆さん知ってた?)。
a0298406_09421680.jpeg


座り心地の良いハリー・ベルトイアのダイヤモンドチェア
インドの大理石象嵌細工のテーブルもステキです016.gif
a0298406_09430831.jpeg


バスルームは普通かな。。 温泉があるので、浴槽は使いませんでした。
a0298406_09440672.jpeg


アメニティグッズは豪華でしたよ~056.gif 「界」ブランドオリジナルの風呂敷に入ってます。
ちなみににこちらの風呂敷、何色もあり、本館の売店で1850円で販売していました。
a0298406_09452351.jpeg


最低限の物が入ってます。歯ブラシは山切りカットでしたよー。
山切りカットの歯ブラシって、歯医者さんはオススメしないみたいですね(^^;
a0298406_09461668.jpeg


そして一番嬉しかったのは、TAMANOHADAのシャンプー、コンディショナー、リクイッドのミニボトルセットが置かれていたこと(≧∇≦)053.gif もちろんいただいて帰りましたわ。。
TAMANOHADAの商品は、スーベニアフロムトーキョーCLASKA Gallery & Shop "DO"など洗練されたオサレなお店で扱ってるので、前々から気になってたんだよねー。
以前はBVLGARIのアメニティが置かれていたみたいだけど、私はTAMANOHADAの方が嬉しいかな。。
a0298406_09470977.jpeg

では、そろそろ温泉に入りましょう043.gif ②に続きます。
[PR]
# by lotusnow927 | 2016-01-30 18:39 | 旅行 | Comments(2)